FD&D保険

FD&D特約(Freight、Demurrage and Defense: 運賃・滞船料等に関する紛争処理費用特約)は、クレーム・紛争・P&I保険でカバーされていない海事事件において生じる弁護士や専門家の費用について、メンバーを支援するものです。

カバーの範囲

FD&D特約がカバーする紛争には、運賃、用船料、滞船料、不当滞船を含みます。また、燃料油や船具の供給、不適切な修理、船体損傷(船舶保険の対象外のもの)から生じた紛争も含みます。同様に、海難救助、曳航、水先、売買船、造船などもFD&D特約の対象です。ご注意いただきたいのは、それらの紛争における責任自体ではなく、紛争に関して生じた弁護士費用や関連費用だけが、カバーの対象です。この点はP&I保険と対照的です。すなわちP&I保険では、貨物損傷・油濁事故・財物損傷から生じた責任のみならず、その事件処理のために生じたリーガル・コストもカバー対象です。また重要な点として、新たな紛争が生じたときは、その紛争処理活動を行うメリットがあることを当クラブがまず確認をし、それから実際の対応をとることになります。このメリットという意味について、メンバーが最終的に勝利する案件である必要はありませんが、紛争処理活動を行うことが事実と法律の観点から妥当であることが必要です。当然、メンバーの主張が強固であるように思われないときであっても、メンバーがFD&D案件について当クラブと相談することを妨げるものではありません。当クラブが争点を詳細に検討した結果、当初メンバー不利と思えた案件が好転することもあります。

クレーム・ハンドリング

当クラブは、有資格弁護士チームを擁し、P&Iメンバーに対し、あらゆるFD&D案件について包括的なアドバイスを提供しています。このサービスの内容は多種多様であり、とりわけ用船契約条項の作成、滞船料条項の解釈、安全バースの分析、船体損傷紛争などを挙げられます。

このチームは、適切な場合であれば常に運賃、傭船料や滞船料の回収を図り、また和解で解決できないときには、仲裁や裁判を提起することがあります。FD&D紛争は、世界中でのあらゆる場所で発生しますが、どこで生じようとも、その場合でもコレスポンデントや提携する弁護士の国際ネットワークを通じて、直ちに対応できる用意があります。法律家の意見が必要なときは、弁護士・ソリシター・バリスターなどに依頼をすることができ、またその費用も当クラブが注意深く目を配ります。もっとも可能な限り、インハウスで処理できるよう努力し、高いサービスの質を保ったうえで全体的な費用をなるべく低廉におさえます。さらに、このチームは、メンバーが契約交渉をする際、そのどの段階においてもメンバーをアシストすることができ、もし解決の糸口が見当たらないときでも回答を導きます。また紛争について何らかの心配を感じるときは、どうぞFD&Dチームにご相談下さい。

免責金額および填補限度額

現時点において、当クラブが7,500ドルまで負担し、それを超える分についてはメンバーが3分の1だけを負担することになっています。ただ実際のところ、多くの紛争は7,500ドル以下の費用で解決し、追加費用の負担はメンバーに求められていません。また填補限度額は、1件のクレームあたり1,000万ドルですが、新造船、改造、または売買については2,000万ドルです。

利点

当クラブのFD&Dカバーは、急騰するリーガル・コストについて、わずかな費用での保障を提供し、また世界中で発生する多種多様な海事紛争について最善のアドバイスをメンバーに提供するものです。この種の紛争は船舶が生み出す利潤やキャッシュフローに直結する事柄ですので、FD&D特約は日々の業務をサポートする重要なものとして、多くのメンバーから好評を得ています。